「気と骨」キトホネ

歩み続けるひとびと

English
月刊 新世

桐山弥太郎氏

桐山弥太郎氏86歳

桐山製作所社長

日本中の実験室の必需品、桐山ロート。創業後経営に苦労する中、彼が開発した高機能漏斗だ。他社の追随を許さない理化学ガラス器具製造会社は、戦後の東大薬学部から出発した。

『新世』2014年5月号掲載

仲宗根彦次氏・松子さん

仲宗根彦次氏81歳 松子さん78歳

仲宗根トーフ店

「島豆腐」は沖縄地方独特の豆腐。夫の祖母、そして姑が、毎朝造り続けた伝来の豆腐を妻が担って五十五年。丹念な手造り豆腐は、長年のお得意様の期待を今日も裏切らない。

『新世』2014年6月号掲載

玉重美博氏

玉重美博氏84歳

琴司 たましげ琴製作所創業者

琴は、高い品質を求められる精緻な和楽器であり、多工程で専門技術を要する工芸品。琴造り六十余年、全国で一万面を超える彼の琴が、弾き手と共に伝統の音色を美しく響かせる。

『新世』2014年7月号掲載

大城 敏さん

大城 敏さん93歳

琉球絣 丸正織物工房創業者

遥かインドから沖縄に伝わり、日本の絣の源とも言われる琉球絣。十代半ば以来、絣を織り続けて八十年。工房を後継者に承継しても、毎日織り続けることが、彼女の幸せ。

『新世』2014年8月号掲載

伊野波 盛正氏

伊野波 盛正氏87歳

琉球藍製造

沖縄伝統の染織に独特の深い藍色の原料が、琉球藍の泥藍。需要の減少と化学染料の普及、労働の過酷さから多くの生産者が放棄した。供給責任を一身に負う男の歳月は、藍一筋。

『新世』2014年9月号掲載

紫竹 昭葉さん

紫竹 昭葉さん87歳

紫竹ガーデン社長

素人の「夢の花畑構想」は、25年後、様々な花が咲く広大なガーデンとして実現。今や年間10万人以上が訪れる十勝の大切な観光拠点だ。創業者の笑顔は、花々同様に訪問客を魅了する。

『新世』2014年10月号掲載

<表記のご年齢は、『新世』掲載時のものです>