「気と骨」キトホネ

歩み続けるひとびと

English
月刊 新世

藤岡大拙氏85歳

郷土史研究家

「生粋の出雲人」を自称する郷土史研究家は、文化施設や組織の運営から、出雲弁の保存活動まで地元への貢献を惜しまない。「出雲の語部」として、郷土の歴史と文化を伝え続ける。

『新世』2017年11月号掲載

齋藤秀三郎氏95歳

東京日本橋 木屋 会長

73年前海軍で特攻の訓練に励んだ青年は、敗戦後広島の惨状を目にし、大学では海洋自然の破壊を学ぶ。現代文明の危うさを問い続ける芸術家が、若いアートファンの熱い注目を集める。

『新世』2017年12月号掲載

杉山邦博氏87歳

相撲ジャーナリスト

戦前には全国の相撲好きが、ラジオ中継に熱中した。その一人、小倉の少年は夢をかなえ、NHKアナウンサーとしてラジオでもテレビでも、大相撲中継に欠かせない存在となった。

『新世』2018年1月号掲載

中塩善治郎氏94歳

マスターズ陸上日本記録保持者 

初の東京五輪開催は、昭和十五年のはずだったが、戦争により大会は中止。翌々年入部した大学の名門競走部で、青年は次の大会を目指した。だが、出征が彼の五輪出場の夢を打ち砕いた。

『新世』2018年2月号掲載

<表記のご年齢は、『新世』掲載時のものです>