「気と骨」キトホネ

歩み続けるひとびと

English
月刊 新世

岡村 照さん87歳

別府ブルーバード劇場館長

「青い鳥」、それは、69年前、父が開業した映画館の名前。父と夫の遺志を継いだ女性館長が、映画産業の盛衰を乗り越え、大好きな映画の魅力を、一人で長年提供し続けてきた。

『新世』2018年5月号掲載

室井摩耶子さん97歳

ピアニスト

東京音楽学校ピアノ科を首席で卒業、戦時中にデビュー。約26年、ヨーロッパで活動後帰国。名作曲家たちが楽譜の中につむいだ物語を、語り伝えるように奏でる、現役最高齢ピアニスト。

『新世』2018年6月号掲載

宮城まり子さん91歳

ねむの木学園 園長 

歌手、そして女優として活動しつつ、身体障害や、知的障害のある子供たちのため、日本初の私立の肢体不自由児療護施設を設立し、学校教育に取り組み、50年が経った。

『新世』2018年7月号掲載

<表記のご年齢は、『新世』掲載時のものです>