「気と骨」キトホネ

歩み続けるひとびと

English
月刊 新世

気と骨編集記

TOP - 2012年1月

小野崎孝輔氏を掲載しました

2012/01/13

onozaki_aishoka0556.jpg地元秋田で校長を務めた祖父、秋田師範と東京音楽学校を卒業し、秋田大学で音楽の教授になった父。その長男である小野崎孝輔氏は、父の後輩として東京藝術大学に進みましたが、教師の道は選びませんでした。徹底的に古典を学んだ彼が、踏み入った世界は、戦後の文化史と無縁ではありません。

(さらに詳しく▼)

編集記

[気と骨]に関しての新しい情報、製作記録、掲載させて頂いた方の関連情報など。[気と骨]は、月刊誌『新世』(倫理研究所発行・20万部)に平成22年4月号より掲載中

『新世』ご購読のお申し込みはこちら

トピックス 更新順

人物順 50音順