「気と骨」キトホネ

歩み続けるひとびと

English
月刊 新世

気と骨編集記

TOP - 杉浦銀治氏(国際炭やき協力会会長)

杉浦銀治氏を掲載しました

2013/08/15

sumi_0166.jpg炭が太古からの低廉で実現可能な「化学産業」だったとは、驚きです。しかも得られるものが、燃料として以外にも土壌や水質の改良にも役立ち、とても多用途なのです。杉浦氏は、長年の研究成果と経験を活かし、国内のみならず広く海外で、炭やきを通じた貢献活動を続けてこられています。

(さらに詳しく▼)

編集記

[気と骨]に関しての新しい情報、製作記録、掲載させて頂いた方の関連情報など。[気と骨]は、月刊誌『新世』(倫理研究所発行・20万部)に平成22年4月号より掲載中

『新世』ご購読のお申し込みはこちら

トピックス 更新順

人物順 50音順