「気と骨」キトホネ

歩み続けるひとびと

English
月刊 新世

気と骨編集記

TOP - 山下純司氏 (鵜匠)

山下純司氏を掲載しました

2011/08/15

yamashita_603.jpg日本の夏の風物詩として、広く知られる長良川の鵜飼。鵜を操る六人の鵜匠たちの代表、山下純司氏。50年にわたって毎日、鵜と長良川の自然の中で暮らして来たからこそ辿り着けた境地とは。

(さらに詳しく▼)

編集記

[気と骨]に関しての新しい情報、製作記録、掲載させて頂いた方の関連情報など。[気と骨]は、月刊誌『新世』(倫理研究所発行・20万部)に平成22年4月号より掲載中

『新世』ご購読のお申し込みはこちら

トピックス 更新順

人物順 50音順